代表挨拶

レフォルマは、「不動産業界の縁の下の力持ち」を合言葉に平成15年より不動産業界に参入しました。
常に考えてきたのは不動産業界の中でいかに我々が役に立てるかという事。
短絡的な利益ではなく、お客様の役に立てて始めて我々も満足できる事。
今、不動産業界は厳しい状況にありますが逆に我々にとっては皆様のお役に立てる最大のチャンスと考えております。
首都圏では中古マンションのストックが社会問題になっております。今、弊社では中古マンションの再生に注力し循環型社会の形成への貢献を目指しております。
間取り、設備が古いがゆえに流動性の低かった物件を最新のデザイン、間取り設備を付加しご提供することにより流通を活性化させてまいります。
不動産を売買される方は不安が多いものです。
弊社のスタッフは日頃から競売や金融機関の不良債権不動産、投資用不動産や一般売買仲介を扱ってきたプロフェッショナルですのでどんなに小さい不安でもどんどんぶつけて下さい。
理論的、科学的に調査分析し、お客様が納得するまでお答え致します。
また、我々レフォルマは公正でオープンなサービスを提供し、自らの責務をまっとうしながら、常に変化を創り、変化を楽しみながら社会に貢献できる企業を目指し成長して行きたいと思います。
我々レフォルマは一丸となり、理念の実現に熱く燃えて全力投球してまいります。
これからも、より一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。